教室紹介

教授あいさつ

教授 藤原祥裕

愛知医科大学病院は特定機能病院、地域がん診療拠点病院、高度救命救急センターとして高度で先進的な医療を地域の皆様に提供しています。その中でも手術を中心とする周術期医療の提供は当院に最も求められている機能の一つです。当院では年間約10,000件の手術が行われていますが、そのうち約6,600件の手術が麻酔科医による麻酔管理下で行われており、当医局は当院の周術期医療の要として機能していると自負しております。

従来麻酔科医は術中麻酔管理に専念し、術後管理に関与することはありませんでした。しかし昨今、術前から術後まで一貫した方針のもとにシームレスな周術期管理を行うことによって医療の安全と質を向上させることができると期待されています。当医局では麻酔外来周術期センターでの術前診察・評価、周術期集中治療部での術後集中治療管理などを通じて、麻酔科医が術前術後管理に積極的に関与することによって周術期管理を具現化しています。麻酔科医がもっと周術期医療の安全と質の向上に貢献できるとすればそれは私たちにとって大きな喜びですし、やりがいにもなると思っています。

昨今、政府は働き方改革の方針を随所で打ち出していますが、当医局ではその何年も前から医局員の過重労働の防止、残業時間の短縮、有給休暇取得の奨励を積極的に進めてきました。人生は長いようで案外短いかもしれません。それぞれの職員に与えられた時間は有限ですから、それをすべて仕事に使ってしまっていいはずがありません。当医局ではしっかりと自分のための時間をすべての医局員に確保するように配慮しています。その時間をどのように使うかはそれぞれの医局員次第ですが、私はそれを自分の将来への投資として使ってほしいと望んでいます。

当院のスローガンとして「あなたを元気にする 私も元気になる」というフレーズがあります。患者さんや病院だけが元気になるだけでなく、医局員も元気になれる、そんな医局づくりを目指しています。

Yoshihiro Fujiwara Interview Movie

教授インタビュー

周術期医療を担う、
麻酔科医のやりがい

愛知医科大学麻酔科学講座

教授 藤原 祥裕

ページトップへ戻る