沿革

沿革

1973年(昭和48年)
愛知医科大学医学部麻酔科学教室 開講
初代 稲本 晃教授 就任
1976年(昭和51年)
第2代 侘美 好昭教授 就任
1979年(昭和54年) 
救命救急センター開設(4床の集中治療室を含む)
1988年(昭和63年)
教室名を麻酔・救急医学教室に変更
1996年(平成8年)
救命救急センターが高度救命救急センターとして認可
1999年(平成11年)
麻酔・救急医学教室が麻酔科学教室(麻酔・ペインクリニック)、
高度救命救急センター(集中治療・救急)に分離
2000年(平成12年)
第3代 小松 徹教授 就任
2001年(平成13年)
教室名を麻酔科学講座へ改称
2010年(平成22年)
第4代 藤原 祥裕教授 就任
外科系集中治療室(SICU)開設
2014年(平成26年)
周術期集中治療部(GICU)開設(病床数28床)
藤原 祥裕教授が副院長に就任
2015年(平成27年)
診療看護師を導入
2019年(平成31年)
藤原 祥裕教授が院長に就任

ページトップへ戻る